LINEから予約可能!24時間365日受付中!

肩のスポーツ障害を当院で改善しましょう肩のスポーツ障害の治療なら、たかおか整骨院へ

肩のスポーツ障害で悩んでいませんか?

練習過多やコンディション不良、フォームの問題などの理由で肩に痛みが生じてしまう。

そんな痛みを抱えながらスポーツを続けている方も多いのではないでしょうか。

当院ではいくつも治療しても良くならないスポーツ選手の肩の痛みも良くなってもらいスポーツ復帰してもらっています。

そもそもスポーツ障害による肩の痛みはなぜ発生するのか。そして、当院ではどのように治療しているのか当ページでご紹介します。


スポーツによる肩の痛みはなぜ発生するのか?

肩のスポーツ障害の原因は、1回の外力というものよりも技術的な要素やオーバーユース、コンディション不良、それらによる肩の筋機能の低下が大きいと考えられています。

腕を振る際に繰り返される過度な負荷が肩にかかり続けることで、肩の筋機能を低下させて、肩の機能が維持できなくなり、肩を痛めるという結果になってしまいます。

肩の痛みを放置しておくと…。

痛みをこらえてプレーし続けることで、怪我している箇所がひどくなり、最終的に手術しないといけないと診断される可能性もあります。体の他の箇所に痛みが発生することも考えられます。さらにはフォームが崩れたり、パフォーマンスの低下も十分考えられます。


CONCEPT当院の肩のスポーツ障害への治療

怪我した状態を特定します

筋機能低下の原因を探していきます

肩の怪我は、偶然というよりも練習環境も含めて、身体、肩の筋機能低下がまず先に起こっています。

まずは痛みの状態を特定し、より適切な治療へと繋げていきます。

機能回復へのアプローチ

ケガのしにくい体の状態にします

筋肉に対する神経の伝達をよくすることで、肩の筋機能を向上させて、痛みの消失にアプローチしていきます。合わせて、筋機能障害が起こっている状態を回復させて、肩関節の機能回復にアプローチしていきます。

肩のスポーツ障害へのセルフメンテナンス

まずは片足立ちから。片足で身体を支えられないと、うまく身体が使えず手投げ、手打ちになってしまい肩に負担がかかります。毎日1分ずつでも始めてみてください。

またセルフチェックの方法として両手を後ろに回して左右の腕の高さに違いがないかチェックしてみましょう。
利き腕が上にあがりにくい場合、その肩や腕はコンディション不良の可能性があります。