LINEから予約可能!24時間365日受付中!

日々痛む腰痛を当院で改善しましょう腰の痛み、腰痛なら、たかおか整骨院へ

腰の痛み、腰痛で悩んでいませんか?

腰にあたる骨盤を動かす筋肉と背骨を支える筋肉。これらの筋肉の力の伝達や動きのバランスがとれなくなり、腰にかかる負荷に体が対応できなくなることで腰痛へとつながってきます。

本人がもつ許容範囲を超える機械的なストレスが腰にかかり続けると、腰がうまく機能しなくなり、知らず知らずの間に腰の骨にも問題が出始めて、ひどくなれば
椎間板(ついかんばん)ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)、分離症(ぶんりしょう)、すべり症、や腰の骨が変形して腰の骨のとげとなる可能性もあります。

いくつも治療しても良くならない、何年も腰の痛みを抱えながら生活している、そんな方々の腰痛も当院の施術で良くなってもらっています。

まずは、腰痛がどのように起こってくるのか、そして腰痛といわれる腰の痛みにどのように当院がアプローチしているかを当ページでご紹介します。


身体に無理が生じると腰にはどんな影響が?

本人がもつ許容範囲以上の負荷が腰の筋郡に積み重なると、本来の「筋肉が動き関節を安定させ保護する」という適切な活動ができなくなっていきます。

そうなると、背骨、骨盤の動きの連携もとれなくなり、動きも制限されていきます。そのため、腰の機能を維持することができずに、慢性的な痛みとして体に症状が現れてきます。

腰の痛みが出た場合、身体の状態は?

腰の骨は異常がおきると、元通りに戻すことはできません。背骨にある椎間板(ついかんばん)に関しては異常が起きた場合でも、身体に吸収されて小さくなったり飛び出さなくなることはあります。

では当院の場合どうするのかというと、背骨、骨盤の動きの連携が取れる状態、つまり、腰の機能を維持できるように腰の負荷に対応できる体の状態にし、痛みにアプローチして消失させていきます。

腰の痛みが発生しやすい行動や職業とは?

事務、運輸、清掃、介護、看護、接客業、警察、建設とあらゆる職種に腰痛が発症しやすいとされています。
座りっぱなしのデスクワークや立ちっぱなしの接客、介護職や看護は中腰で人を抱えたりすることで腰に負担がかかります。


CONCEPT当院の腰の痛みへの治療

負担のかかりにくい身体の状態へ

神経の伝達の正常化によって負担のかかりにくい状態に変化させます

当院では手技療法によって、神経を刺激し筋肉の働きを改善。腰につながるそれぞれの筋肉がしっかりと働くようしていきます。

これにより骨盤や背骨が連動しながら滑らかに動くようになり、柔軟性、可動範囲をあげ身体をバランスよく動かせるようにします。

腰への施術

神経の治療をして適切に体が動く状態へ

筋肉が身体を動かし関節を安定させますが、その筋肉に命令を送るのは神経です。

その神経が筋肉に正常に伝わらないことで筋肉が適切に働かず、筋肉が間違った使い方になってしまいます。結果、腰痛が改善されません。

当院では腰に関りのある筋肉と神経のつながりを改善し、筋肉の状態を改善。
間違った使い方になっている筋肉が正常に働くことでその機能を改善していきます。

腰周囲の筋肉が正常に働くように働きかけることで、骨盤や背骨の動きを円滑にして腰痛の改善へとアプローチしていきます。

また腰につながる下半身や上半身の筋機能を向上させて身体がバランスよく滑らかに動くようにもアプローチしていきます。

腰へのセルフメンテナンス

腰の痛みに効果もあるマッケンジー体操をお伝えします。
※当院の腰痛に対するアプローチとは全く異なります。

マッケンジー体操をYoutubeでみる
(体操中に痛みが生じている場合は、直ちにおやめください。身体に逆効果になる可能性があります。)

VOICE患者様の声

歩くのも困難な腰の痛み

ぎっくり腰で来院された患者様

何年も悩まされていた腰痛

夜も眠れないほどの腰の痛み

すべり症で何年も前からの腰の痛み

歩くことが困難だった腰の痛み

介護の仕事の方の腰の痛み

重たい荷物を持つ職業の方の腰の痛み