LINEから予約可能!24時間365日受付中!

日々痛むひざを当院で改善しましょうひざの痛みなら、たかおか整骨院へ

ひざの痛みで悩んでいませんか?

常に感じるひざの痛み。かばいつづけていくことで足首、股関節、ひざから離れた場所にも痛みや不調が起きてしまいます

そもそもひざの痛みとは何なのか、そんなひざの症状に当院ではどのように改善に向けて治療していくのかをご紹介します。


そもそもひざはどうやって動くのか?
ひざの構造とは?

ひざは太ももの骨、ひざから下の骨、ひざの皿で構成されています。
骨の表面にはクッションの働きにもなる軟骨(なんこつ)がついていて、ひざ関節の間には荷重分散の働きをする半月板(はんげつばん)があります。

ひざの動きは実は複雑な動きもしており、正常に働いているとひざにかかる重さを分散していきます。また、ひざはひざ単独で動いているわけでなく足部や足首、股関節、腰も含めて身体のなかで連携を取りながら動いています。

人体最大の荷重関節がひざ。
その痛みは常に重さを分散できずにいます。

ひざが機能しないということは、うまくひざにかかる重さが分散ができなくなります。結果、特定箇所に負担がかかり、ひざの組織を痛めつけて劣化を加速させることになります。

その劣化は骨の表面についている軟骨(なんこつ)が硬くなり、弾力性もなくなり、更には変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)に繋がっていきます。

ひざの痛みが発生しやすい行動や職業とは?

建設業や農業、家事など、膝を使うことの多い仕事はひざが痛みやすいとされています。

長時間しゃがんだ状態や、長時間ひざに圧迫をかける状態はひざに重要な働きをする半月板(はんげつばん)に良くないと考えられます。(ちなみにうさぎ跳びが膝に悪いといわれるようになったのもこの部分が大きいです。)


CONCEPT当院のひざの痛みへの治療

ひざの痛みの元にアプローチ

ひざが曲がる、伸ばせる、動かしやすい状態に変化させます。

神経の伝達不足になっているひざ周囲の筋肉に対して、神経の伝達が良くなる治療を行います。その結果、ひざの機能が良くなります。同時にひざの曲げ伸ばしもやりやすくなり、ひざがうまく働くようになることでひざの痛みの消失にアプローチしていきます。

ひざへの施術

神経の治療で過度な負担がかからない状態へ

神経が正しく筋肉に伝わらないことで間違った使い方になり、ひざの痛みがなかなか解消されません。施術により筋肉に対する神経の伝達が良くなることでひざ関節が機能的に動きやすい状態をつくることでひざ本来の体重を分散する機能が働いてきます。

さらに身体の筋機能を良くしていくことでひざにかかる負荷を足部、足首、膝、股関節、腰、様々な連携をつくれるようにし、ひざの特定箇所に負担がかからない状態をつくります。

ひざへのセルフチェック

ひざが伸びにくくなったり、しっかり伸びきらないことはないですか?
ひざの伸びにくさはすでにひざに痛みを抱えていたり、ひざに痛みが無くても将来的にひざの痛みにつながりやすくなります。

ひざの伸びにさのチェックとして下記の2つの方法を試してみてください。
・ひ)を伸ばして床とひざの間ににぎりこぶしが入るかチェックする
・ひざを伸ばして床とひざの間に指3本分以上が入るかチェックする

この2つに違和感がある場合、ぜひ一度当院へお越しください。検査も含めて適切な治療を行います。

VOICE患者様の声

病院で良くならなかったひざの痛み