LINEから予約可能!24時間365日受付中!

日々痛む肩を当院で改善しましょう肩の痛みなら、たかおか整骨院へ


肩の痛みで悩んでいませんか?

毎日、肩が痛くて日常生活が苦痛な方。
その原因は肩の支持機構が機能しなくなり、関節運動が正常に動いていないことが原因です。

関節運動を正常にしていく為には、肩の関節、筋肉、そしてその筋肉に命令を送る神経の状態を正常にしていく必要があります。

当院では肩の治療を専門とする病院で長年培った技術と神経への治療をすることでいくつもの肩の痛みに対応していきます。

いくつも治療をしても良くならないとお困りの肩の痛みに対しても良くなってもらっています。

まずは、肩が正常に動かない原因はどうしてなのか、そして、治療をしても良くならない肩の痛みを当院がどのように解決へと導いているのかをご紹介します。


そもそも肩はどうやって動くのか。
「肩は人体でもっとも大きく動く関節」
そしてそれにより、
「靭帯、筋肉、腱に大きな負担がかかってしまう」

肩の関節は、肩になる受け皿側の骨と腕となる骨で構成されています。

肩の関節は骨同士の接地面が少なく、靭帯(じんたい)や腱(けん)や筋肉といった軟部組織で構成された関節ともいわれており、人体でもっとも大きく動く関節となっています。
このため腕や肩を動かす際の安定性を、靭帯(じんたい)や腱(けん)、筋肉で作る必要があります。

そして、靭帯(じんたい)や腱(けん)、筋肉がうまく働かなければ肩の痛みとなっていきます。

肩を動かす重要な腱板(けんばん)の機能。
腱板(けんばん)の機能低下が肩の痛みにつながる

肩を動かすときにイメージしやすいのはシーソーです。
シーソーは片方が上に上がる時は反対側が下に下がりますが、肩も手が上に上がろうとするときは、肩を下に押し下げる力が働く必要があります。
その押し下げる働きが腱板(けんばん)によって行われます。

腱板(けんばん)が正しく機能することで、肩の動きを押さえて肩の安定性を作りますが、この腱板(けんばん)の機能が低下してしまうと、手や腕を動かす際に肩の骨が上に押し上げられる形になります。

この状態で手や腕を使っていくことで肩に痛みを生じさせてしまいます。
そして、肩の動きも悪くなっていき、より肩の痛みが取れない状態になっていきます。
ひどくなると中々痛みが取れなくなったり、夜も痛みで目が覚めるような状態へとなっていきます。

組織同士がくっつく癒着(ゆちゃく)現象。
肩が痛くなるもう一つの原因です

肩が痛くなり、色々な方向に動かない状態になることもあります。肩関節の中で他の組織と他の組織がひっつく癒着(ゆちゃく)という現象がおこり、肩が固まってしまって動かないのです。

癒着(ゆちゃく)による痛みは、ある角度のみ激痛が起こってそれが取れないという方から、肩があらゆる方向に動かせない方、夜も痛みで目が覚めるという方など様々です。



CONCEPT当院の肩の痛みの治療

肩の治療を専門とする技術 

肩の治療を専門とする病院で培った技術でアプローチします

肩の治療は単純に筋肉をほぐしたら良くなるというものでもありません。
肩の中にある関節にアプローチする必要から、必要な筋肉にアプローチする必要もあります。

当院では肩を専門的に治療する病院で長年培った技術で肩の状況を見極めながら、肩の動く範囲が広がるように、肩が機能出来る様にアプローチしていきます。もちろん無理矢理なことは行いませんのでご安心ください。

肩の動く範囲やどの動きで肩に痛みが出ているのかをチェック。現在の肩の機能はどうなのかを確認して、なぜこの肩の痛みが起こっていて、どうすることで改善していくかも説明します。

肩につながる神経の働きの改善

肩の機能性を高めます

腕や肩の神経伝達不足になっている筋肉に神経の伝達を向上することで肩の機能を改善、肩の動く範囲、機能不全になっている肩の機能を向上させていきます。

肩がしっかりとした動く範囲を獲得できて、肩が機能的に働く、そこに神経から筋肉に対する神経のつながりが良くすることで肩の痛み、肩のうごかしづらさに対応していきます。
施術は痛みのない無痛療法です。痛みが苦手な方もご安心ください。

肩の状態によっては別の組織同士がくっついて肩が動かない癒着(ゆちゃく)が起こってしまうことがありますが、こちらが起こった場合はそのひっついた癒着(ゆちゃく)をはがして肩のうごく範囲を広げていきます。こちらも無理矢理は行いません。

寝るときに肩が痛くて仕方がない方へ

  
肩が痛くて夜も寝れない方は痛みのある肩を上にして、クッションや抱き枕などで腕を預けましょう。

上向きの場合は肘の下にクッションを置いて肘を少し高くし、お腹にもクッションを置きます。そのお腹の上のクッションに腕を預けると肩が楽なポジションになります。
(クッションが無ければタオルを重ねて代用して下さい。) 

VOICE患者様の声

腕を上げるだけで痛みが走る肩の痛み

腕が上がらない肩の痛み

肩をある角度で動かすと痛みが走る